毛穴パックは毎日使って良いのか?!毛穴パックの種類と使うタイミングについて

 

毛穴パックはシートを貼るタイプのものと、洗い流すものがあります。

シートを貼るタイプの毛穴パックは気になるところに貼って乾燥したら剥がすというもので手軽にケアできるのがメリットです。
シートなので吸着性が高く、毛穴に詰まった汚れや角栓をしっかり取ることができます。
しかし、肌に必要な水分や油分も除去してしまうデメリットもあります。

洗い流すタイプの毛穴パックは、泥が主原料となっているものが多いです。
顔全体に塗り乾いたら洗い流す方法で行います。
高い吸着性の他に抗炎症と殺菌作用にも優れていて、毛穴の詰まりの除去に効果的です。
シートタイプの毛穴パックと比較して肌への負担が小さいのがメリットです。
しかし、洗浄力が強いので肌に必要な水分や油分を一緒に洗い流してしまうことがあり、パック後は洗顔を行わないのでしっかりパックの成分をすすがないと新たな肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

シートタイプの毛穴パックも洗い流すタイプの毛穴パックに共通していることは、肌の必要な水分や油分を洗い流してしまうことが挙げられます。
毛穴パックは剥がしたり、強い洗浄成分で洗い流すことで必要な水分や油分を流してしまうと肌本来の潤いを奪ってしまうので肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
肌のターンオーバーというのは肌細胞の生まれ変わりのサイクルのことです。
どのくらいで肌細胞が生まれ変わるのかと言うと、28日から56日間とされています。
つまり、1ヶ月から2ヶ月かかるということです。
そこで、毛穴パックの使用頻度も肌のターンオーバに合わせて使用することで、肌細胞が生まれ変わるタイミングで毛穴の汚れを除去することで肌のターンオーバーを乱すことなく、肌に必要な水分や油分を残すことができるので、毛穴パックはターンオーバーに合わせて1ヶ月に1回か2ヶ月に1回の使用をおススメします。

シートタイプも洗い流すタイプも肌に負担をかけてしまうので毎日使うものではなく、肌のターンオーバーに合わせて使うことで肌の負担や刺激を最小限にとどめることができるので、使うタイミングが大切と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。