毛穴パック後のアフターケアとして4つの方法を紹介

 

  • 毛穴ケアとして毛穴パックを使う人が多いです。
    一度で毛穴に詰まった頑固な角栓や皮脂を取り除くことができますが、毛穴パックを使った後に何もしないのはとても危険です。
    毛穴パック後のケアをしなければ、せっかく角栓や皮脂を取り除いてもまたすぐに毛穴詰まりを起こしてしまいます。

    毛穴パック後のアフターケア方法を4つ紹介します。

    1つ目の方法は、シートタイプの毛穴パックを剥がした後にぬるま湯でパックの汚れを落とすことです。
    シートタイプの毛穴パックは剥がした後、パックの成分が肌に残ってしまいます。
    成分が肌に残った状態だと毛穴が詰まったり更なるトラブルを起こしてしまうので、シートタイプの毛穴パックを使った後はぬるま湯ですすぎながらパックの成分を落とします。

    2つ目の方法は、毛穴パック後は冷水で毛穴を引き締めます。
    毛穴パックした後は毛穴が開いた状態となっています。
    毛穴パックをすることで芯のように詰まった角栓が抜けるのでそれによって毛穴がぱっくりと開いた状態となるのです。
    毛穴パックして開いた状態のまま放置してしまえば、開いた毛穴から皮脂や角栓が再び入り込んでしまい、また角栓を作り毛穴トラブルを繰り返します。
    ぬるま湯で毛穴パックの成分を落としたら、冷水で開いた毛穴を引き締めます。

    3つ目の方法は化粧水で潤いを補給します。
    毛穴パックは詰まった毛穴や角栓だけでなく、粘着力が強いので毛穴の周囲にある角質も剥がしてしまいます。
    つまり取らなくても良い角質までも剥がしてしまうこととなり、剥がれた角質の隙間から水分が蒸発し、肌が急激な乾燥状態になるので毛穴パック後は化粧水を使ってすぐに水分を補給することが必要なのです。
    化粧水はセラミドが配合されたものを使うのがおススメです。
    肌の角質層にある潤い成分や細胞間脂質と似ているので肌の保湿力を効果的に向上させるからです。

    4つ目の方法は、白色ワセリンを使って肌を保湿して保護してあげます。
    毛穴パックによって健康な角質も剥がしてしまうので角質の隙間から水分がどんどん逃げてしまい、肌のバリア機能が低くなってしまいます。
    毛穴パックした後の肌は刺激を受けやすい状態となっているので保湿と保護が必要なのです。
    化粧水の保湿だけでは保護できないので、化粧水の後に白色ワセリンを使うことで肌のダメージを緩和して保護する効果を高めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。